So-net無料ブログ作成
検索選択

5月24日の日本民話 テングのねごと


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 5月の日本民話


5月24日の日本民話



テングのねごと



テングの寝言

三重県の民話三重県情報


 むかしむかし、太夫(たゆう)という村に、大きな大きな杉の木がありました。
 その杉の木にはテングが住んでいて、毎晩、村から娘を一人、二人とつれて行くので、この村にはとうとう娘がいなくなってしまいました。
 村の人々はなんとかして、テングをこらしめる方法はないものかと考えました。
 ある日の事、一人の村人が
「テングは鼻が高くて赤ら顔だから、テングよりももっと顔の赤い獅子頭(ししがしら)をつくって、テングをおどかしてやってはどうだ?」
と、いいました。
 そこでさっそく村人たちは獅子頭を作り、村の十字路におきました。
 夜になり、テングは娘を探しに村の十字路にやって来ました。
 村人たちは獅子頭をかぶると、
「それっ!」
と、テングにとびかかりました。
「なんと! この村に、わしよりも顔が赤くて強い者がいるとは」
と、テングは杉の木の中へ姿を消してしまいました。
 そしてテングは杉の木のてっぺんから、村にむかって大きな声で、
「今まで食べた娘を全部はきだすから、許してくれ!」
と、さけび、テングは一人ずつ口から娘をはきだしたのです。
 それからというものは、村の杉の大木から、
「許してくれ、許してくれ」
と、いうような、テングのねごとが聞こえてくるようになったという事です。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日ゴルフ場記念日
きょうの誕生花 → きらんそう
きょうの誕生日1961年 哀川翔 (俳優)


きょうの新作昔話 → 仕事がはかどる食べ物
きょうの日本昔話 → キツネと油あげ
きょうの世界昔話 → 漁師とそのおかみさんの話
きょうの日本民話 → テングのねごと
きょうのイソップ童話ワシとトビ
きょうの江戸小話 → ネコの名


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。